滝本ようこ

あなたの心の深い傷を癒す方法

こんにちは!
セラピー・占い専門サロン癒花スタッフの、滝本ようこです。

前回は、あなたが人と比べて落ち込む原因は?という

ブログを書かせて頂きました。



私は今、note【魂磨き日記】の執筆もさせて頂き

現在そこでは、華さんの弟子になった時の準備期間に

潜在意識を変えるためのワークを

徹底的に行っていった事について書かせて頂いています。


魂磨きを基本に忠実に

かつ、とても濃い濃度&師匠のアドバイスをもらいながらという

とっても贅沢かつスパルタコース!笑

人生を掛ける、というくらい私は真剣に取り組みました。

その中でも、やはり「親子関係」からの影響が根深くあることを実感しました。

前回も書いたように、幼少期は脳が作られる時期なので、

一番身近である親からの影響をとても受けやすいのです。


それは、脳にものすごく影響を及ぼし

感覚・記憶・感受性の面などにも影響が出るほどなのです。

では、何から行ったらいいのか?

もし、過去の記憶が影響していそうだな、と感じる場合

まずは、赤裸々に幼い頃の感情を振り返ってみましょう。


繰り返す思考の解消は

魂磨きのステップ①~④に従って行動を起こしていくのがとても有効ですが

また別の観点からのアプローチもあるのです!


それが、「インナーチャイルドワーク」というものです。

名前だけは聞いたことがある、という方も多いのではないでしょうか?

インナーチャイルドというのは「内なる自分の心・傷付いた心」などと表現され

過去に学んだ、自己防衛のための反応パターンを大人になっても同じように繰り返してしまう事です。

それは、幼い頃はその方法しか選択できなかったから。

そして脳が作られる段階で記憶に定着し、そのまま大人になってしまったから。

そう、考えられています。

早速、振り返ってみましょう

あなたが過去の事を振り返ってみたときに

  • 自分が愛されないと感じて悲しかった。
  • お母さんに全然話を聞いてもらえなくて、とても寂しかった
  • いつも兄弟を優先されて、自分は全然愛情を貰えなかった。
  • 常にお母さんがイライラしていて、おびえながら生活していた。

など、、そんな風に思っていた事があった場合。

その時に自分はどんな行動をしていましたか?

  • お母さんに好かれようと必死だった
  • 心を閉ざした
  • 諦めていた
  • どうしていいか分からず、そのまま生活を続けた


などなど、自己主張をしきれなかった場合には

傷ついた心がその時の行動パターンと共に記憶として残りやすいのです。
 

そして当時は、

その時に選んだ反応の方法しか知らなかった。


でも、、、今はどうかな?

と一度、客観的に考えてみて欲しいのです。

あの時と今の自分は、年齢も環境も全く違う

当時は、まだ子供で

世界は家族くらいしかなくて。

そこで生きて行けなかったら、どうする事も出来ない。

自分で生きていく力がまだない、無力な状態。



愛されなければ、生きていけないかもしれないから

恐怖心=死の恐怖に代わってしまう。

そんな中で下した選択は、仕方がなかった。

そうするしかなかった。




でも、、今はどうでしょうか?

もしお世話を満足にしてもらえなくても、自力で生きていける。

もし親に愛されなくても、他に沢山世界を見付けられる。


そんな風に、何となくでも良いので「過去⇔現在」の違いを客観的に見れる部分はありませんか?

他人への感情について

そして、残念だけど他人は変えられない。

あなたがさみしい思いをしていた時に

お母さんや家族は、何を考えていたのか分かりません。

その人の事はその人にしか分かりません。


ですが、きっとあなたを満たすことが出来なかった事情が色々あったのだと思うのです。

  • はじめてのお母さんで育児が上手くできなかった。
  • 兄弟が多く、愛情を与えきれなかった。
  • お母さんも、あなたを愛する方法を知らなかった。
  • 旦那さんや家族の問題で疲れ切っていた。
  • そんな風に感じているなんて気づかなかった

など、あなたの知らないところで色々な想いがありながら

実は、精一杯の対応だったのかもしれません。


ですから、ここへの執着をしても

「仕方がない」ことなのです。


他人は変えられないし

当時、どう思っていたかは分かりません。

じゃあ、どうしたらいいのか。

それは、「今の自分が過去の自分を癒す」

と自分で決めて、具体的な行動していくこと!

つまりインナーチャイルドワークは、一人二役をするのです。

脳の錯覚を利用して記憶の書き換えをしていきます。

記憶の書き換えに有効なのが

言葉+身体を動かすこと。

言葉と体感を使って脳に刺激を与えます。

方法

人形やまくらなど

幼い自分が想像できるくらいのものを用意します。

それを、幼い頃の自分に見立てて交流していくのです。

その幼い自分はどんな表情をしていて

どんな事を言いそうですか?

これは、想像や感じた印象で構いません。


もし何か言っていそうだったら。

うんうん、と始めは聞いてあげましょう。

書き出したことを振り返りながら、質問してみる感じでも良いでしょう。

始めは、こちらを向いてくれないようなイメージが出てくるかもしれませんし

何も話してくれないかもしれません。


自分が幼い時

そのような行動をした時は、どんな声がけをして欲しかったですか?

  • 「どうした?何かあったの?」
  • 「無理しなくていいよ」
  • 「大好きだよ」

など、、、

その時、自分はこんな風に行動や声がけして欲しかったなあと感じる事を

「今の自分」が、想像で良いので実際に声や行動にしてやってあげましょう。


そして、どんな気持ちを感じたか沢山味わいましょう。

はじめは恥ずかしさだったり違和感があるかもしれませんね。

ですが、続けていくことで

自分自身の感情の変化を感じるはずです。

本当の意味で自分を幸せに出来るのは自分しかいません。

自分の気持ちも自分なら痛いほど分かる。

その気持ちを他者に肯定を求めるのではなくて

まずは自分で自分を認めてあげる事から始めましょう。



特に、記憶の深い深いところにある「幼い頃の記憶」を癒して

自分自身の潜在意識の書き換えを行っていきましょう。

実体験


私は小さな、ワーク専用の動物のモコモコの抱き枕を購入して

それを幼い頃の自分に見立てて毎日、声がけと抱っこを続けました。


私は元々ぬいぐるみなどを持つタイプでもないし

独り言なども言わない。

抱っこなども抵抗がありました。

心を開いていない相手に愛情表現をするのがとても苦手でした。


こんな状態からのスタートでした。

徐々に、まずはここからでも自分の感情を出してもいいんだ、と思えるようになり

自分の過去に感じていた気持ちを少しずつ受け入れられるようになりました。

その状態まで行ったことだけでも

魂磨きに、とても役に立ちました。

まとめ

まず、やってみようかな?と思った方は

  • 過去のネガティブな気持ちを書き出す・思い出す
  • 自分はどうして欲しかったのか気持ちを考える
  • 過去の自分に見立てた何かを、抱きしめたり撫でながら、気持ちを認めて声がけをしてあげる

ここから行っていきましょう!

華さんのブログにもあるように

潜在意識の書き換えは、自分で取り組む場合時間をかけて根気強く行う必要があります。


更に詳しい内容は、次回に続きますね!

=======================================

セラピー・占い専門サロン癒花(ゆか)

水紀華と倍率30倍から選ばれた弟子たちによる相談サロン。
それぞれの個性を生かしたセラピーと占いで救われる依頼者続出中!

〜滝本ようこの提供サービス〜

  • 対面:60分12000円/30分6500円
  • 通話:60分12000円/30分6500円
  • 文章:2000字8000円(質問1個or質問10個)

詳しくは こちらをご覧ください。 

■Twitterをチェックする

========================================